防火設備定期検査を行いました

平成28年6月1日に施行された、防火設備点検の作業風景です。

煙感知器で火災を感知させて、実際に防火扉や防火シャッターが閉鎖するかをチェックします。
実際に感知器が反応しても、ロックがはずれなかったり、ドアチェックがサビ等で機能しないこともあります。

不備があると万が一の災害時に機能しませんので、日常的に作動させる設備ではないからこそ、定期的な検査が必要というわけです。
検査は「毎年」で、対象防火設備は「全数検査」となります。

PAGE TOP